スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいようのいえ 41話「はれものとはれもの」 2014年 デザート4月号 ネタバレ感想

久しぶりの更新です!
やっといろいろ落ち着いたので、このブログを本格的に再開しようと思います!!

前回のネタバレ感想↓
たいようのいえ 40話 「カウントダウン」デザート 2014年 2月号 ネタバレ感想

前回はお正月の話でしたね。
そして今回は、ついに!!
本宮家と中村家の仙台への家族旅行です(≧∇≦)
ではでは、今月のネタバレ感想、どうぞお付き合いくださいませ〜。

今回の旅の旅行の目的は、真魚とお父さん、そして陽菜ちゃんのしこりを取り除くこと。

だけれど、基が陽菜ちゃんに話しかけても陽菜ちゃんは無視(^^;;
そしてなんと、陽菜ちゃんは真魚のお父さんと会話し始めてしまいます…!
基はなかなか距離を縮められません…。

一方、真魚も一生懸命話しかけますが、お父さんとどう距離を縮めたら良いか分かりません。

夕食。
真魚と基のテンションはダダ下がり。
しかも、座る席がいつものメンバーと変わっていません。

そんな2人に

「2人とも焦りすぎだよ
家族の繋がりって 思っているよりも 深いよ」

と大樹が言います。

その言葉に基は、
「うん
本当はわかってるんだ
一緒にいることが大事だって

言葉はその次でいいって

20140227211256a95.jpg

分かっててもどうしても気持ちが焦っちゃいますよね。
でも、近づきたいと努力している2人は素敵です。

そして基は真魚のお父さん2人きり。
真魚のお父さんは、陽菜ちゃんがずっと家に帰ってきてないのかを聞きます。

「基くんも嫌われてるんだな
俺と同じだ」


その言葉に基は、
「…
真魚さんはがさつで
確かにちょっと駄目な所があるかもしれませんが
家族を嫌ったりする人間ではないと思います」

と真っ直ぐな目で言います。

そんな基に
「真魚のこと好きなのか?」
と言います。
照れながらも「はい」と答える基。
201402272112191e2.jpg

「じゃあおめでたい意見だな
参考になんねぇよ」


「…そうかもしれませんね
実は陽菜も そうだといいな、と
希望を込めて言いました

似てるんです あの2人」


その頃、真魚とお母さんは温泉!
「真魚ちゃん
基くんとどうなの?」

お母さんが真魚に聞きます。

お母さん、さすが鋭いです!ww

「な!!
なにもありません!!」

と真っ赤になって否定する真魚。
可愛ええなぁ。
20140227211258d68.jpg
そう答える真魚に、敬語はやめようねと言います。
その言葉に照れながら「は、はい」
と答える真魚。
もう、可愛いすぎるっ!!
2014022721122107c.jpg
少しづつ、真魚もお母さんに甘えられるようになるといいですね…。

そして陽菜ちゃんが乱入!
「真魚ちゃん、基兄とどうかしたの?」
と聞きます。
「なにもない
ちがうちがう!!」

と真魚は顔を真っ赤にさせて、全力否定w
でも、そのあとすぐに

「違うというか
好き

と答えます。
2014022721122272e.jpg
ああ、もうひたすら真魚が可愛いよぉーー!

「ごめん…
陽菜ちゃんがいない間に
勝手にこんなこと」


「どうして?
むしろよろしく

それに私は帰らないから
気にしないで」


その言葉に対して、
何か理由があるんだったら…
と言う真魚に

「お父さんと お母さん
私が殺したから

と衝撃発言。
201402272112240a6.jpg
そのあと真魚は部屋で、どう頑張ればいいのか悩みます。

そして次の日の、真魚のお父さんとお母さん。
お母さんはお父さんに昨日の陽菜ちゃんのことを話します。

それを聞いてお父さんは、
まるで俺のようだと感じます。

そしてお父さんは1人でいる陽菜ちゃんに
「地元なのに一泊旅行なんて災難だな」
と話しかけます。

「基兄と大ちゃんに会いたくなったから」

「…それなら家に戻れば よかっただろ」

「戻らない
帰れない」

陽菜は強く言います。

「自分のせいで両親が死んだからか?」

「私がおもちゃを欲しいなんて言わなければ こんなことにはなってない」
その言葉を受けて真魚のお父さんは話し始めます。

「陽菜ちゃんの両親は きみのことをものすごく かわいがっていたから
今の君を知ったら 悲しむと思うけどな

親はね 子供のわがままなんて 嬉しいものなんだよ
自分のせいで死んだなんて 思ってるって知ったら
死んでも死に切れないだろ」

っても説得力ないか…と言うお父さんに頷く陽菜ちゃん。

「俺はひどい奴だからな

君を救うことで 自分も救われたいなんて
都合のいいことを考えたのかもしれない

懺悔みたいなもんだな
俺自身も未だに真魚に向き合えない
逃げてるんだよ」


そう言って去ろうとしますが、
「陽菜の陽の字はおひさまからとったんだって
バカみたいに何度も聞かされたのに
太陽不在の家なんて あんまりだろ

と言います。
2014022723463842c.jpg
「基兄や大ちゃんに また迷惑をかけて
しまうんじゃないかと思って
こわくて 責められるような気がしてこわくて
あの2人が責めるわけないって 私が一番わかってるのに
お兄ちゃんたちに優しくされると いつも自分が壊れてしまいそうで

…私 本当はあの家に帰りたい

2014022721122586a.jpg
つづく。


やっと陽菜ちゃんが素直になれて良かったです。
陽菜ちゃんは今までこんなに苦しんでたんだと思うと、涙が出てきました。
感情の起伏がなかった彼女ですが、ずっと殻に閉じこもっていたんだなー。
やっと閉じこもっていた殻を破ることができたんですね。

後の問題は真魚のお父さんですね。
こっちもうまくいって欲しいです!

今回は長くなってしまいましたが、お付き合いありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト
01 | 2014/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

ナッツ

Author:ナッツ
読書好きのナッツです。
我が家のペットのうさぎのココや、本、漫画、などについて感想を書いていければと思います。

私の愛うさの名前はココといいます。
オスです!
8月で7歳になりました!
時が経つのはあっという間ですね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。