スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいようのいえ 35話 「境界線」デザート8月号 ネタバレ感想

前回、大樹が動き出すか!?って所で終わりましたが、その続きからです。

前回の感想↓
それぞれの心の動き。 たいようのいえ 34話「レストレス」 デザート7月号 ネタバレ感想
今回のお話は、大樹のターンと思わせといて、ちーちゃんのターンでした。

まったく大樹の想いに気付かない真魚。
大樹を見ているとちーちゃん自身を見ているようで、時々腹がたってしまうちーちゃん。

今でも織田くんのことが好きなちーちゃんは、
織田くんが真魚が好きかもしれないって知った時、動揺して
だから、真魚が織田くんのことを好きじゃないって知って嬉しかった。
だったら、真魚のことを心から応援できる。
そんな事を思っている自分に、自分勝手だなと感じているちーちゃん。

そんなちーちゃんに
「真魚のこと 困らせてみるよ」
と宣言した大樹。

真魚がそのことで、ちーちゃんに何か言ってきたら
大樹の気持ちは知らなかったって言っといてとほしいという。

「な、何で?」

と聞くちーちゃん。

「真魚には1人で考えてもらいたい

俺のことで 頭いっぱいに なればいい

image_20130625003721.jpg

ちーちゃんの、あの言葉でそう思えるようになったと。

「うん わたしもそうしたい
相手には迷惑かもしれないけど
もう一度 好きだって 言いたい

image_20130626164800.jpg

ちーちゃん、頑張れ!
心の底から、ちーちゃんのことを応援したいと思いました。

そして、後ろには織田くんが…!!
お姉さんの誕プレ選びに放課後に、ちーちゃんに選ぶのを手伝ってほしい、というのです。

そして大樹が真魚と一緒について行く、と織田くんに言います。
そして4人で出かけることに…。

真魚と大樹。
ちーちゃんと織田くん。
それぞれが楽しそうにプレゼント選びをしています。
するとちーちゃんが、他のところも見にいくね と織田くんの所を離れます。

その隙に大樹は織田くんの所に行き、

「いつまで余裕でいるつもり?
とっちゃうよ」


image_20130626170518.jpg
と言います。

動揺する織田くん。
そして、ちーちゃんが織田くんの元に、お花のヘアゴムを持って戻ってきます。

「それいいな 花火大会で千尋がしてたのと似てる」
その織田くんの言葉に

「お、覚えててくれたの?」
と言うちーちゃん。

「あの日から 泣かせてばっかりだから 覚えてる」
と顔を赤くして言う織田くん。

「わたしも あの日のことは鮮明に覚えてる
好きだって言ったことも
今も その気持ちは変わらないから


と告白。
顔を赤くする織田くん。

ごめん、迷惑かもしれないけど と言うちーちゃんに、
「迷惑じゃねーし」
と答えます。

「散々泣かせたのに
今更 好きだって 言いにくいんだよ

image_20130626172713.jpg

きゃーーーーーーーーっ!!
おめでとーーーー!!
ちーちゃんの想いがやっと報われたね。
そして2人がぎこちなく手を握り合うシーンにはニヤニヤしました(≧∇≦)

それを目撃した真魚と大樹。
2人の存在に気づいたちーちゃんは、織田くんにあっちに行ってて と言います。

そして大樹に、
好きだって言ったことを後悔してた。
自己満足で、迷惑でしかないのではないか…と。
でもそれを決められるのは、自分じゃなくて相手が決めることだったんだと気づいた。

「だから 大樹くんも がんばって!」
とエールを送るちーちゃん。
ちーちゃん、本当に良い子だなぁーー。

そして帰宅した大樹と真魚。
大樹は真魚に、
もし 好きな人がいるのに告白されたら 真魚はどう思う?
と聞きます。

「自分を好きだって想ってくれた人を
迷惑だなんて思いたくない」


と答えます。

「普通は迷惑だって 思うよ」

その大樹の言葉に

「でも その人のことを
考えるきっかけになる」

真魚は答えます。

「だったら 真魚
俺のことも 考えてくれる?」

image_20130625003727.jpg

その言葉にびっくりする真魚。

「真魚
話があるんだけど 聞いてくれる?」


「今…?」

「今だよ」

「き、聞きたくない
どうせ、料理が下手だとか、掃除がなってないーとか言うんだろ と言う真魚。

でも、ふと大樹は思い出します。
「この家で 皆で暮らしたいんだ」
と言った基が言っていたことを。

ダメだ この家じゃ 言えない

また今度にする と言った大樹。
そして、真魚は思います。
大樹が 自分のことを好きだったらどうしよう、と。


とりあえず、ちーちゃん本当に良かった!!
大樹は次回に大きく動きそうですね。
大樹がかわいそうで、報われてほしいと思ってしまう…。
切ないよー。
ちーちゃんの恋のアシストを見事に大樹は果たしましたね。

大樹がいい人で終わってしまう気がして、切ないです。
次回の展開に目が離せません!
関連記事
スポンサーサイト

となりの怪物くん 最終話 「卒業式」 デザート8月号 ネタバレ感想

今日はデザートの発売日!
ってことは、となりの怪物くんが最終回。・゜・(ノД`)・゜・。
絶対に今日、レビューせねば!
という張りきりの気持ちと、もうレビュー書けないんだなーという残念な気持ちを抱えながらも、今この記事を書いています。
思えば、少女漫画にハマったきっかけは「となりの怪物くん」でした。
もともと、少女漫画より少年漫画の方が好きだったのですが、今や少女漫画の方が多いという(笑)


じゃあ、前置きはこれくらいにして、ネタバレいきます!

前回の感想↓
となりの怪物くん その47 3年生 デザート7月号 ネタバレ感想

卒業式。
雫は答辞の言葉を述べ、式は無事終了。

「よかったよ 答辞
なんだかいろいろ思い出して ジーンとしちゃった」


大島さんが、雫に言います。

「そう?
面倒だから文例をそのまま真似たのだけれど」


image_20130624181429.jpg

大島さん…。
分かるよ、大島さんの気持ち!
しかし、雫には普通は通じないんだぁぁぁー!
大島さんはやっぱりキャラ、変わってないね(笑)

「…卒業かあ
入学した時は こんなに楽しくなるなんて
思わなかったよ」


「どうして?」

「だって私 入りからコケたし 人見知りだし…」

「そういえば あなたのことで
みんなで議論したこともあった」


「……変わったなあ 水谷さん」


そして伊代が花束を持って、雫たちの元に…!!
伊代は大泣き(笑)
抱きついてきた伊代を、抱きしめる雫。


「…うん
やっぱり変わったよ」


「?」

「だって、1年生の頃は こんなふうに
水谷さんが卒業式で 誰かを抱きしめるなんて
想像もできなかったもの」


image_20130624180353.jpg

その言葉を聞いていると、やっぱり雫だけじゃなくて、大島さんや周りの人も 、成長したなーとふと感じました。

そして、夏目さんとササヤン!
夏目さんが一人で教室にいるところを、ササヤンが発見!

「…なーにしてんの
そんなところで」


机の上に座っている夏目さんに、ササヤンが尋ねます。

「この景色も 見納めだと思って 眺めてただけです
最後ですから」


するとササヤンは夏目さんの顔を覗き込みます。

「………なんですか?」

「…イヤ
泣いてんのかと思って」


「泣きませんよ
…ただ もうすぐみんな バラバラかあって」


雫は春からお母さんと同じ大学に。
大島さんは、女子大。
ササヤンは地元の大学。
夏目さんは、家からも 雫の大学からも近い 専門学校へ。

「イヤー
マジでそんな理由で決めるとは思わなかったよ」

とササヤンも苦笑(笑)

夏目さん、軽くストーカー?ww

「…毎日が 楽しくて 楽しくて
夢みたいだった」

「ササヤンくん 3年間
友達でいてくれて ありがとう」


image_20130624221925.jpg
ササヤンー!
振られたーーー!∑(゚Д゚)

「…ずっり〜〜〜〜!!
そんなこと言われたら
またなにも 言えないじゃん!!」


「何言ってるんですか
自分だって友達といる方が 楽しかったクセに」


「ま 正直そういうトコ あるけどさ
結局 フラれっぱなしだよ」


「…さて!!
じゃあ わたし そろそろ戻りますね」


去ろうとしている夏目さんに、

「…夏目さん
確かにみんな バラバラになるけどさ

オレは 夏目さんに 会いにいくよ


「……うん」
image_20130624222910.jpg

夏目さん〜〜!!
振っときながら、この顔は何なんですか!!
恋する乙女な顔ですよ!!

「…ササヤンくん
…知ってました?
わたしの学校 ササヤンくんの大学から
意外と近いんですよ」


うぉーーー!
もしかして、ササヤンの大学とも近いところを選んでたのかな??
ニヤニヤしちゃいますよ!!
あと一押し、ササヤン頑張れーー!!
ササ夏は本当に萌えるな〜(≧∇≦)

一方、雫は…
image_20130624180321.jpg

結局、ハルの私物を持って帰ることに。
そして、向かった先はミサワバッティングセンター。
みっちゃんに、ハルの私物を渡します。

「せっかくだから 最後に一発どう?」

とみっちゃんに言われ、雫はバットを振ります。
そして、その後ろにはなんとハルが!!

image_20130624230631.jpg
image_20130624230632.jpg

1話と比較すると、デジャブ!!!

でも、表情は全然違います。

image_20130624231501.jpg

image_20130624231136.jpg

ハルはやっと、自分の居場所を見つけられたんだなーと思うと、ウルっときました。
雫の表情も1話と比べたら別人みたいに、表情が優しいんですよ。

image_20130624180318.jpg

幸せそうで、本当に良かった!!

そして時は、3年半後……
雫は髪をショートにしてスーツを着こなしていました。
ハルは研究に力を入れているよう。
雫は無事に司法試験に合格!

「私、来月から1年間 司法修習だから 留守の間、鶏の世話、よろしく」
雫がハルに言います。

えっ、2人で鶏飼ってたのかよ!!!
名古屋かな??w
っていうか、一緒に住んでるのかね??

「じゃー その
シホウシュウシュウってやつ
帰ってきたら ケッコンすっか!」




何だかハルらしいプロポーズでしたね!

良い最終回でした。
でもまだ、番外編が続くようです!!
まだまだ、となりの怪物くんは終わってない!!!

良かったぁー!!
ササヤンと夏目さん、3年半後は付き合ってるのかな?
だといいなー!!
それにしても、前回でお付き合いしたのかなと思ってたんで、ビックリしました!
番外編でササ夏が描かれることを、切に願います!!!

ろびこさん、本当に素晴らしい漫画をありがとうございます。
この作品をずっとずっと大事にしていきたいです。
番外編、今からとても楽しみです!
関連記事

シュールでクール! 坂本ですが? 1巻 感想


坂本ですが? 1 (ビームコミックス)坂本ですが? 1 (ビームコミックス)
(2013/01/15)
佐野菜見

商品詳細を見る

友人に薦められ、「坂本ですが?」を読んでみました!
第一に抱いた感想は
「シュールだなぁ」
この一言に尽きますよ!

基本的にはこの漫画は1話完結となっています。
主人公は勿論表紙の人なんですが、イケメンという設定になっています。

それにしても、坂本がとにかく変わっているんですよ!
まあ、表紙からにして変な人というのは伝わると思うんですがね(笑)

坂本はイケメンで、クラスの女子から人気者。
勿論それを悪く思う人もいるわけで。

トイレに入った坂本に不良グループが水をかけようとするのですが…

image_20130622203840.jpg

my傘で見事に回避w

そして自分の机がなくなった時も
image_20130622203643.jpg

窓の桟に座って授業を受けます(笑)

もちろん笑いましたけれど、こんな風にいじめを乗り越える坂本はさすがですね。
新しい発想だw

教室に入った蜂を皆は怖がって裸になるのに(笑)
image_20130622201545.jpg

坂本は冷静に対応(笑)

image_20130622201548.jpg

コンパスの針で蜂とバトってます!(笑)

シュールでクールな漫画で個人的にはツボでした!
紹介してくれた友人、サンクス!

面白いので、是非読んで見てください(*^^*)
ちなみにまだ1巻しか出ていないので、手は出しやすいかと思いますよ!!

関連記事

うさぎと私。


久しぶりのブログ更新です(^ ^)
最近帰るのが遅くなり、疲れてパソコンに向かう気力もありません
映画 あの花の前売り券をついに買いました(>_<)
めんまがみんなに書いた手紙と、花の種が特典でついてきました!
イエイ(((o(*゚▽゚*)o)))
母と一緒に映画見に行きますよ〜o(^▽^)o
楽しみ!

そして、ココですが、最近あまりご飯を食べません。
いつもこの時期は夏バテでそうなります。
でも、相変わらず元気に遊んでいるので大丈夫だと思いますが。

実はココは父の事が大嫌いで、ちょっと父の部屋のドアが開いていると、
フンやらおしっこやらを布団にぶちまけてしまいます´д` ;
さっき少し油断したら、中に入ってやらかしてました(>_<)

もちろん叱ってケージに入れましたが、本人はまったく自覚なし´д` ;
甘えてきました(笑)
image_20130620234035.jpg

この写真はちょっと合成してみました(((o(*゚▽゚*)o)))
image_20130622201544.jpg


関連記事

英検のご褒美に・・・

実は昨日、英検受けました。
準2級です。
漢検は好きだったので2級は取っていたのですが、英検は苦手意識からか3級しかとってないことに気づきまして・・・(^_^;)
ここ何週間かやったので、受かっていることを祈るのみです!

で、自分のご褒美に
「劇場版シュタインズ・ゲート 不可領域のデジャヴ」を観に行きました!!
ちなみに1人です(笑)
でも、上映時間が19時半からのしかなかったからなのか、女性客で1人で観ていた人がいたので安心しました(*゚▽゚*)
実は、1人で映画を観るのは初めてでした!←何せ観ようと思ったのが英検が終わってからでしたので(笑)

友人が「良かったーー」と言っていたので、こりゃ観るしかないっ!!てね(*゚▽゚*)
テレビシリーズは全部観ていたので、とっても楽しめました!
というか、感動しました!!!
泣きましたよ!

そもそもシュタインズゲートのあらすじ(TV版)
 

 ゲームを原作とし、2011年にTVアニメとして放送された作品。
 主人公 岡部倫太郎は「未来ガジェット研究所」を設立し、仲間たちとで変な発明品ばかり作っていた。
 ある日、岡部は過去にメールを送ることができるタイムマシンを作ってしまう。
 メールの内容に影響を受けた人は記憶が改変され、主人公だけが記憶を持っていた。
 しかし、過去を改変することにより、ある悲劇が生まれてしまう。
 それを防ごうと主人公は、タイムマシンを使って未来を変えようとするが・・・



そしてTVシリーズは綺麗に完結し、話は新たな物語の劇場版へ。
多分、TVシリーズを見た人じゃなきゃこの映画は「??」だと思います。
完全にTVシリーズの続編となっているからです。
でも、誰にもが分かるようにいろいろTVシリーズの話を入れていたら、尺的にも足りないだろうし
ここまで良い作品になってなかったと思うので、それで良かったかなと思います。

正直、TVシリーズが見事に綺麗に終わっていたので、劇場版を作る必要はないのでは??
と思っていました。
でも、その心配は必要なかったようです。
すごく良かったです。
素敵なラブストーリーとなっていました。

「想いは世界線を越えるーーーーー」

この映画を一言で例えるならやっぱりこの言葉ですね。

ちなみにパンフレット、そして全く関係のないジブリ作品のグッズを買いました(笑)
IMG_0551.jpg


そして夕食はサーモンとクリームチーズのベーグル。
IMG_0549.jpg

他にも、新海誠監督の「言の葉の庭」や、「ハル」「奇跡のリンゴ」
夏に公開の「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」など見たい映画がたくさんありすぎて困ります(>_<)
あの花は観ることは確定済みですが、
あと「言の葉の庭」は観れたら観に行きたいですね!!
関連記事

立ち向かう強さ。 四月は君の嘘6巻 感想

四月は君の嘘(6) (四月は君の嘘 (6))四月は君の嘘(6) (四月は君の嘘 (6))
(2013/05/17)
新川 直司

商品詳細を見る
6巻発売されました。
今回は、公生が自ら立ち向かう姿が印象的でした。

そして、講談社漫画賞をこの作品が受賞したとのことで嬉しい限りです。
では、感想いきたいと思います。



かをりと一緒にガラコンに出ることになった公生。
でも、かをりがガラコンで演奏する曲として選んだのは、「愛の悲しみ」
公生のお母さんが好きでよく弾いていた曲。

だから、公生は頑なに拒む。
「どうしたって 母さんを思い出しちゃうから」。

そして公生は自分がピアノを弾いていいのか悩みます。
IMG_0524.jpg

お母さんが亡くなる前、「お前なんか死んじゃえばいいんだ」
といってしまい、実際本当に亡くなってしまった。

そのせいで、お母さんは自分を憎んでいるのではないか。と悩んでしまっている。
何よりも「ピアノ」は公生にとってお母さんとの繋がりであり、おそらくお母さんとの思い出は全て「ピアノ」に通じています。
だから、その言葉でその繋がりを断ち切ってしまった自分が「ピアノ」を弾いていいのだろうかと思うわけです。

紘子さんや、「会場を沸かせて主役の座を奪う」
と息を巻いているかをりに後押しされ、ついにガラコン当日。

しかし、かをりは現れず・・・。
渡が電話しても、かをりの家には誰もいなくて・・・

嫌な予感しかしない・・・。


公生はガラコンの前、ピアノの音が聞こえないことについて悩んでいました。
そんな彼に
IMG_0521.jpg

「願いや想いを込めた音を 感じる瞬間はなかった?
 音が聴こえなくなる』 それはおくりものだよ

そう紘子さんが言います。

音が聴こえないってことは音に左右されず、自分の中にある感情を込めることができる。
そして何よりも、お母さんが残してくれた思い出。そして音がある。
それを胸に、ガラコン当日にかをりが現れなかったとき、一人で立ち向かいます。

IMG_0516.jpg

お母さんが教えてくれた技術。
そして思い出。

それが身体に力を入れ、ただ感情任せに弾いていた彼の演奏を変えます。
そんな公生の演奏は徐々に人々の心を掴んでいきます。
IMG_0522.jpg

そして演奏も終盤。
「早希 ちゃんと見ててよ
 私達の息子が 最後のお別れをしに行くから


IMG_0518.jpg
紘子さんにとっても、前へ進むための重要な日でもあるのだ。
紘子さんは、公生を苦しめた「ピアノ」の世界に引き入れた人だから、罪悪感を抱えています。
この日は公生の成長に必要な日であるけれど、同時に紘子さんにとっても同じ意味を持つ。

今回も素晴らしかったです。引きがまたいいんだ。

そして本当にかをりちゃんが心配です。
死亡フラグが更に立ったとしか思えません( ;∀;)
IMG_0514.jpg

「時間が止まって欲しい」今回、彼女はそう思いました。
公生の時間を進めたのはかをりだけれど、自分は動きたくない。
やっぱりそれが「死」につながっているとしか思えません。

「四月は君の嘘」って毎回感動の波があって、やっぱり素晴らしいなと感じます。
絵の見せ方もとってもうまいし。
早く続きが読みたいです。
関連記事

大福っぽいけど、実は・・・・

今日は父が、和洋菓子店の「オランダ家」でケーキ?(笑)を買ってきてくれました!

千葉県内にしかない洋菓子専門店で、千葉では有名なんですよ!!
誰かに贈り物とかする時は、だいたいオランダ屋です。
個人的には落花生ダクワーズはオススメですよ!
千葉にいらしたら是非!!

そして、今回買ってきてくれたお菓子は不思議なお菓子。
見た目は大福のようでケーキ?な感じ。

IMG_0511.jpg

さっそく食べてみました!
美味しい!!!!

外側はお餅になっていて、もっちもちなんです!!
お餅の伸びること伸びること(笑)
中には苺。
そして本体は・・・・

IMG_0513.jpg

なんと、
プリンなんです!!!!

餅の下は生クリーム、そしてプリン。
最強タッグの誕生じゃないですか!!!
美味しいに決まってますっ!

オランダ屋はやっぱり最強ですね!
マジで美味しい。

このお菓子のおかげで、今日はハッピーな日でした!!
関連記事
05 | 2013/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ナッツ

Author:ナッツ
読書好きのナッツです。
我が家のペットのうさぎのココや、本、漫画、などについて感想を書いていければと思います。

私の愛うさの名前はココといいます。
オスです!
8月で7歳になりました!
時が経つのはあっという間ですね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。