スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もどかしく、甘酸っぱい。それが恋。「東雲侑子は短編小説をあいしている」感想

51X0-GcSPsL__SL500_AA300_.jpg
正直な話、もう認めざるを得ないと思う。俺は――東雲侑子の事が好きなのだ。

何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太。
楽そうだからという理由だけで図書委員になった彼は、
ともに委員を務める東雲侑子の熱のない静けさに、自分の空虚さに似たものを感じていた。
しかし偶然彼女の秘密を知ってしまったことから、自分との違いを思い知らされる英太。
だが、その秘密のために、彼女と距離を縮めることとなり、失ったはずの感情に胸を締めつけられていく……。
早熟な少年少女に贈る、もどかしく苦いラブストーリー。


いやー、もう素晴らしいの一言です!!
友人に貸していたのが返ってきたので、再読しました!
何度読んでもいいですね。
もどかしい王道のラブストーリー。
何事にも無気力な少年と物静かな少女を中心に物語は進んでいきます。
英太が無気力なのは、英太の兄の景介の彼女、有美さんに小学生の頃に恋をして、それが叶わぬものであることを悟ったから。
だから、いまだにほとんど毎日来る有美さんに対して、冷たい態度を取っていた。
しかし、侑子の秘密を知り、あることから偽恋人として付き合うことに。
侑子と「お付き合い」して、接していくうちに、有美さんへの態度も変わっていった。
と同時に侑子の事が好きなことを悟る。
そこからのもどかしさと言ったら・・・。
嫉妬したり、自分の感情との葛藤だったり。
そんな感情を丁寧に描かれている。

東雲は何も言わず俺についてくる。
相変わらず、東雲に手の感触は柔らかかった。
俺の苛立ちは自然と治まっていた。
それで俺は、何となく、苛立っていた理由を悟った。
たぶん俺は、もう少し東雲と手を繋いでいたかったのだ。
p157より


甘酸っぱいですね!
ニヤニヤしながら読んでいました。

この物語は英太の1人称で語られています。
侑子は感情を表にあまり出さないので、侑子が英太をどう思っているのかが、分からない。
しかし、そのもどかしさが恋なんですよね。
だから、読んでいると自分も恋している気持ちになりました。

相手の気持ちが分からず、もどかしい。
うまく感情を表現できない不器用な二人が織り成すラブストーリー。
オススメです!!
ライトノベルらしくない、この王道恋愛小説に興味を持った方は、是非読むことをオススメします。
このライトノベルがすごい!2013にも8位で入っていました!
まだ、あと二巻あるのでまた読み返したらレビューしたいと思います。
スポンサーサイト
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ナッツ

Author:ナッツ
読書好きのナッツです。
我が家のペットのうさぎのココや、本、漫画、などについて感想を書いていければと思います。

私の愛うさの名前はココといいます。
オスです!
8月で7歳になりました!
時が経つのはあっという間ですね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。