スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のカルテ3 感想

神様のカルテ 3神様のカルテ 3
(2012/08/08)
夏川 草介

商品詳細を見る


ベストセラーとなった「神様のカルテ」シリーズの最新作です。
宮崎あおいさんと櫻井翔さんで映画化され、さらに2の映画の制作も決定したそうで。
まさに波に乗っている作品です。
実は発売されたのは半年以上前で、今更ながら読みました。

栗原一止は、信州にある「24時間365日対応」の本庄病院で働く内科医。
医師不足により、ろくに家に帰れず患者と向き合っている。
そんな中、ベテランの医師の小幡先生がやってくる。
腕も良いし、経験もあり、研究に熱心な彼女。
しかし、彼女は治ろうという意志がなければ診察をしないという。
それに疑問を持った一止は小幡先生に抗議するが・・・


あらすじはこんな感じです。

1巻、2巻では患者と向き合う一止が描かれています。
しかし、今回は「自分と向き合う一止」が中心に描かれています。
大きな転機の巻でした。

医者をなめてるんじゃない?患者のそばにいることに自己満足を覚えて、貴重な時間と気力と体力を浪費していく医師なんて、私からしてみれば、信じられない偽善者よ

抗議をした一止に彼女が浴びせた言葉。
彼女は人生を捧げるくらいの覚悟で医師をしています。
彼女の知識と技術はとても高いのに、なぜそんなことを言ったのか。

後半になってそれが明らかになっていきます。

医師としての良心か、技術か。

今回はそれが主題となっていました。
神様のカルテシリーズでは今作が最高傑作だったように思う。
いろいろ日本の医療についても考えさせられました。

神様のカルテは患者や医師たちのふれあいも最大の魅力の一つですけれど、一止を支えるあたたかい人々たちもこの作品の魅力の一つとなっています。

「苦しいことはあります。うまくいかない日もあります。でも二人でなら、どんな道でも歩いていけるんです」

落ち込む一止を支える奥さんのハルさん。
いつも優しく一止を包み込んでくれます。
その他にも、御嶽荘の住民のドクトル、屋久杉くん、同僚のタツ、次郎などなど素敵な人たちに囲まれているからこそ、一止は前へ進めます。

より良い医師になるために一歩前進した一止。
次巻を楽しみにしつつ、映画も楽しみです。
スポンサーサイト

あたたかさが胸にしみる 「旅猫リポート」有川浩 感想

旅猫リポート旅猫リポート
(2012/11/15)
有川 浩

商品詳細を見る


秘密を抱いた青年と一匹の相棒は“最後の旅”にでた

現代最強のストーリーテラーによる、青年と猫のロードノベル。あたたかな光溢れるラストまでどのページにも忘れ難い風景が広がる傑作です!


有川さんの最新作。
図書館でやっと借りれました。

本当にオススメです。
涙腺崩壊しました。


ある日、主人公の悟は自分の車の銀色のワゴンのボンネットに野良猫が寝転がっているのを見つけ、
それから餌をあげたりして可愛がっていた。

ある日、その猫が交通事故に遭い、怪我をしてしまう。

そんな猫を悟は助け、二人は一緒に暮らすことになる。

それが悟と愛猫ナナの出会い。

その後5年間順調に暮らしていましたが、とある事情で悟がナナを飼えなくなってしまい、引き取ってもらうために懐かしい人々を訪ねることに。

二人の旅はこうして始まるのです。

訪れる懐かしい人々たちにはそれぞれの事情があります。
そんな人々たちを悟はいつのまにかに変えていました。

語り手はナナなのですが、悟とナナがどれだけ大事に思い合っているかがとってもよく伝わります。

そして旅が終わりに近づくにつれ、なぜ悟がナナを飼えなくなってしまったかが判明します。

ラストは悲しい結末ですが、最後はあたたかさが残るそんな作品です。
有川さんの新境地の小説でした。
私はこの作品、有川作品の1、2を争う作品だったと思います。

あえて結末は語りません。
自分の目で確かめてみてください。

読んだ後、自分の大事なペットを抱きしめたくなるはずです。

きいろいゾウ 西加奈子 感想

きいろいゾウ (小学館文庫)きいろいゾウ (小学館文庫)
(2008/03/06)
西 加奈子

商品詳細を見る


夫の名は武辜歩、妻の名は妻利愛子。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会の若夫婦が、田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコは、周囲の生き物(犬、蜘蛛、鳥、花、木など)の声が聞こえてしまう過剰なエネルギーに溢れた明るいツマをやさしく見守っていた。夏から始まった二人の話は、ゆっくりと進んでいくが、ある冬の日、ムコはツマを残して東京へと向かう。それは、背中の大きな鳥に纏わるある出来事に導かれてのものだった―。

今、宮崎あおいさんと向井理さん主演の話題の映画「きいろいゾウ」の原作です。
偶然図書館で発見し、これは読むしかない!とさっそく読みました。
読了後、あたたかいものが胸に残る素敵な作品でした。

この物語の始まりは、

お風呂に入ろうと思って服を脱いだら、浴槽に茹で上がった蟹が浮いていた。

という結構衝撃的な感じで始まります。

この物語はツマの独白とムコの日記で語られており、ツマとムコの二人の視点から物語を覗くような形となっています。
そして合間合間に「きいろいゾウ」の童話が入っています。

若い夫婦の周りには個性豊かな人がたくさんいます。
いつもチャックが全開のアレチさん、不登校の男の子の大地君、犬のカンユさん・・・。
そんな人たちに囲まれて幸せに暮らしている姿が前半で描かれています。

そんな幸せな暮らしには陰が潜んでいるのです。
二人はお互いの過去において知らないことで、悩んだり妬いたり。

ツマは満月になるといつも不安になります。
この物語の鍵でもある「月」
月は満ちては欠けます。
その繰り返し。
ツマは小さい頃、病気で入院していて、寂しい思いをしていました。
そして、現在ムコと幸せな生活を送れるようになったわけです。
今はその幸せは満ちているけれど、その幸せが欠けていってしまうかもしれないという不安を持っています。

しかし、ムコは知っています。
月は欠けても、また満ちる。
だからきっと、ツマと初めて会ったとき「大丈夫」と言ったのです。

そしてある日、ムコはツマを残して東京へ行ってしまいます。
それは過去にけりをつけて、前へ進むため。
それはムコの背中の刺青に関係していました。

そして過去にけりをつけたムコはツマのことを本当に愛していることを強く感じます。
物語のラストには冒頭と同じように必要なものリストが書かれています。
最後の項目は「ぼくのつま」

なんだかとっても素敵ですよね。
ムコさんのツマへの愛が溢れています。
そしてツマも東京から帰ってきたムコを「おかえり」とあたたかく迎える。
お互いを想い合う素敵な物語でした。

映画も是非見てみたいと思いました。

吉祥寺の朝日奈くん 中田永一 感想

吉祥寺の朝日奈くん (祥伝社文庫)吉祥寺の朝日奈くん (祥伝社文庫)
(2012/12/12)
中田 永一

商品詳細を見る


前から気になっていた作品でした。文庫化したので思わず購入。
中田さんの作品は「百瀬、こっちを向いて」に続き2回目。
やっぱり素敵な恋愛短編集だったのでございます。

彼女の名前は、上から読んでも下から読んでも、山田真野。吉祥寺の喫茶店に勤める細身で美人の彼女に会いたくて、僕はその店に通い詰めていた。とあるきっかけで仲良くなることに成功したものの、彼女には何か背景がありそうだ…。愛の永続性を祈る心情の瑞々しさが胸を打つ表題作など、せつない五つの恋愛模様を収録。

5つの短編、どれも素晴らしかったです。

「交換日記、はじめました!」
一冊の交換日記をめぐる物語。
高校生の微笑ましい男女の交換日記と思いきや・・・。
そしてその交換日記はいろいろな人によって書かれていき、最後には意外な結末が・・。
面白かったです。

「ラクガキをめぐる冒険」
不良にいじめられている男の子の机の上に落書きがされていた。
主人公の女の子は夜の学校に忍び込んで、不良の机に落書きをすることを計画するのだが・・・。
これもミステリ仕立てとなっています。

「三角形はこわさないでおく」
孤高な存在のツトムと廉太郎がひょっとしたことで仲良くなり、ツトムの好きな人を知り、自分も彼女のことを意識するようになり・・・。
お互い、親友を思いやる気持ちが伝わってきて切なかった。
親友のために身を引き、好きな人のために「走れ」と背中を押す。
ラストもまたよい。
お気に入りの一作。

「うるさいおなか」
やたらとお腹がなってしまう女の子は、いつも自分のお腹の音に悩んでいる。
そのせいで好きな先輩には想いを伝えられず、やたら耳の良い男の子にお腹の音に気づかれてしまい・・。
いやー、主人公の女の子に痛いほど共感を覚えます(笑)
私も中学の時悩んで、ネットでお腹のならない方法とかを調べたり、どうやったらお腹がならないか研究したり。
お腹が鳴ってしまったときは、恥ずかしくてたまりませんでした。

「吉祥寺の朝日奈くん」
表題作。一番好きな作品でした。
最後のどんでん返しにはただただ驚いていました。
切なさとあたたかさを残してくれる良い作品でした。

どの作品にも共通しているのは、明確には語られないけれど、きっとくっつくのかなという読者の想像を膨らませる終わり方であることです。
そして切なさとあたたかさを読者に残してくれ、良い読後感に浸れることです。



オススメなので、読んでいない方は是非。

遅ばせながら2012年 私の本ランキング

お久しぶりです!
更新してから1ヶ月以上経っていました・・・。
実は2ヶ所足を骨折してしまい、慌ただしく過ごしているうちにいつの間にかに・・。
まだ完治はしていませんが、大分良くなりました。
そんな中でも相変わらず、本に漫画、ラジオなど趣味には没頭していましたが・・(笑)
遅ばせながら、2012年の印象に残ったものベスト3を挙げていきたいと思います!

まずは私の一番好きな本から!

1位 ペンギンハイウェイ 森見登美彦
d0171049_1283926.jpg

ぼくは小学校4年生で、郊外の住宅地に住んでいる。偉い人になるために努力を欠かさず、勉強もするし、たくさん本も読む。そして、歯科医院の「お姉さん」のことが好きだ。ある日、ぼくの街にアデリー・ペンギンの群れが現れて、ちょっとした騒ぎになった。ペンギンがどこからきたのか、調べ始めたぼくの前で不思議なことが起こった。あのお姉さんがコーラの缶を宙に投げ上げると、それがペンギンに変わったのだ。お姉さんはぼくに言った。「この謎を解いてごらん」ぼくはこれを“ペンギン・ハイウェイ研究”と名付けることにした。 公式HPより引用


森見さんの独特な世界が好きな私ですが、この作品にもすっかりハマりました。
いつも大学生を主人公にしている森見さんですが、今回は小学生。
小学生の少年のアオヤマ君のひと夏の冒険とお姉さんへの淡い恋。
見事に描かれていました。


ぼくはたいへん頭が良く、しかも努力をおこたらずに勉強するのである。

こんな事を言ってしまうちょっと偉そうな少年なのです。
そんなアオヤマ君の語りと登場人物の魅力に一気に引き込まれていきました。

「ペンギンハイウェイ」とは、ペンギンたちが海から陸に上がるときに決まってたどるルートをそう呼ぶのだそうです。
その題名の意味が分かるのは、終盤。アオヤマ君が言った言葉。
 
世界の果てに通じている道はペンギン・ハイウェイである。

世界の果てとはアオヤマくんが日々研究している世界についての「謎」のことです。
「そこにも世界の果てがあるね」と父は言った。「どこ?」「おまえが理不尽だと思うことさ。おまえにはどうにもできないのだから」


アオヤマくんのお父さんが言った言葉ですが、世界の果てとは理不尽でどうにもできないこと。

お姉さんとの別れは理不尽でどうにもできないことでした。
でも少年はお姉さんに会えることを信じて、ペンギンハイウェイを進んでいく。
切なさと暖かさが残る素敵な小説でした。
是非読んでもらいたい小説です。
とにかく私の中ではダントツのNo.1でした!
公式HP http://www.kadokawa.co.jp/sp/201005-05/

2位 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹
20110528212117446.jpg


その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、お金という“実弾”を手にするべく、自衛官を志望していた。そんななぎさに、都会からの転校生、海野藻屑は何かと絡んでくる。嘘つきで残酷だが、どこか魅力的な藻屑となぎさは序々に親しくなっていく。だが、藻屑は日夜、父からの暴力に曝されており、ある日―。直木賞作家がおくる、切実な痛みに満ちた青春文学。

とにかくこの小説を読むと胸が痛む。
この小説はゆっくり噛み締めて読みました。
序盤に海野藻屑がバラバラ遺体となって発見されたという悲しい結末が掲示された上で物語が進行していきます。
藻屑は転校生としてなぎさの前に現れます。
その時偶然、藻屑のたくさんの殴打の痕をみてしまいます。
その時、彼女は
「死んじゃえ」

と言うのです。
私には、愛情に飢えているそんな自分を知られたくないという思いの表れのようで切ないです。

「好きって絶望だよね」

こんな風に言わなくてはならない子供がいるって事がただただ悲しかったです。
藻屑はお父さんの事を愛している。
だけれど暴力をふるわれる。
それを父の愛情表現だということで自分を納得させて。
そして最後、なぎさと逃げる事を決意する。
藻屑は「ぼくのためにすげーがんばってくれるいい感じの友達」に助けてもらいたくてたまらなかった。
それがなぎさだってきっと会った瞬間に予感していたのではなかろうか。
自分がいつか父親に殺されることを予感しながら、最後まで父を愛した藻屑。
その愛が自分にかえってくることをひたすら祈って。
そして、自分は人魚なんだ。痣は汚染なんだって最後まで‘砂糖菓子の弾丸’を撃ち続けた少女。
でも、砂糖菓子の弾丸では世界と戦えない。
大人と戦えない。
子供達は親に養ってもらわなくては生きていけなくて、自ら命を切り開く力がない。
大人なしでは生きていけないのだ。

「あぁ、海野。生き抜けば大人になれたのに・・・・・・」
絞り出すような声。
「だけどなぁ、海野。おまえには生き抜く気、あったのかよ・・・・・・?」

担任が言った言葉。
私には藻屑が生きていたかったと思ってたに決まってるとしか思いません。
彼女は確かに‘砂糖菓子の弾丸’を撃って必死に助けを求めていたのだから。
藻屑には生きてほしかった。 生きて大人になれば自分でお金を稼ぎ、自分の意思でどこへだっていけたのに。 「実弾」を撃てたのに・・。
この本は私に衝撃を与えた本でした。

3位 三匹のおっさん 有川浩
51x+M-i4G+L__SS500_.jpg
こちらは楽しく読めるお話でした。
続編も読みましたが、やっぱりおもしろかったです。
感想はこちらに書いているので、ここでは省きます。
http://rabbitcocolove.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

こんな感じです。漫画ランキングは別に書きます。
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ナッツ

Author:ナッツ
読書好きのナッツです。
我が家のペットのうさぎのココや、本、漫画、などについて感想を書いていければと思います。

私の愛うさの名前はココといいます。
オスです!
8月で7歳になりました!
時が経つのはあっという間ですね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。